管理人の紹介

管理人の紹介

名前・・・ひとし

 

年齢・・・30代

 

趣味・・・旅行(遺跡や古い建物を見るのが好きです)

 

こちらは2015年の年始に行ったアユタヤ遺跡です。

私の葬儀体験

祖母、祖父、父と立て続けに大切な人を亡くしました。
その時の経験から、何も準備していない状態で葬儀社を選ぶのは、
とてもリスクが高いことが分かりました。

 

比較して決めたわけじゃないので、

・サービス内容と価格が見合っているか分からない
・知識がないため、高い葬儀になる可能性がある

というリスクがあります。

 

 

それに、以下の状況で決定する必要があります。
・葬儀までとにかく時間がない
・呆然としているため、冷静な判断が難しい

 

多くの方は最初に病院から紹介された葬儀社で
遺体の搬送から葬儀までを行うケースが多いです。

 

 

良し悪しなんて分からないのに。
コレってギャンブルですよね。

 

 

100万円以上することに対して、
何も調べずに検討せずに決定するって。
普通は考えられないですよね。。

 

 

私と同じような境遇の人は多いと思います。
少しでも困っている人のお役に立ちたいと思い、
このサイトを立ち上げました。

 

葬儀を振り返って

大切な人を亡くすのは悲しく、つらいことです。
ただその一方で「看病から解放された」
という気持ちもあるため、心境は複雑です。

 

 

母は口に出しませんでしたが、
看病は本当に大変だったと思います。
仕事から帰ってきてから、病院に行って、
土日も休まず看病に出かけて。。。

 

 

繰り返しですが、大切な人を亡くすことはとても悲しいです。
ただし、誰かの面倒を見る、世話をするというのは、
根気と体力と時間とお金が必要になります

 

 

四十九日が過ぎたころから、
母も少し気持ちが楽になったように感じました。
「健康であること」はとても尊いことだと感じました。

 

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る


喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取