通夜・告別式で喪主がやること【会葬者への挨拶-告別式編】

通夜・告別式で喪主がやること【会葬者への挨拶-告別式編】

告別式は、出棺直前の大切な儀式であり、
失敗は避けたいものです。

 

喪主がやることは、通夜同様に、
ご足労いただいた会葬者の方々への挨拶です。

 

告別式挨拶の目的

・故人に代わりお礼を述べるため

 

基本的には、通夜と同じです。
会葬者の方々に、感謝の意を伝えます。

 

 

通夜との違いは、告別式の場合は、
悲しみが最も深い状態で挨拶を行う点です。
上手く話そうとするよりも、心から「ありがとう」
という気持ちを伝えることが大切です

 

 

挨拶におけるポイントや注意点は、
通夜の時と同じです。
短すぎ長すぎ。
目安は3分以内です。

 

また、忌み言葉を使わないように、
気を付けるようにします。
=>通夜の挨拶について紹介した記事

 

 

とは言え、通夜同様に大切なのは、
形式通りに挨拶することではありません。

 

会葬者の方々に心から感謝をのべることです。
多少言葉に詰まったとしても、それは問題ではありません。

 

 

喪主の挨拶の例(告別式終了時)

本日はお忙しいところ、〇〇の葬儀並びに告別式に
ご会葬くださいまして、誠にありがとうございました。
お蔭さまで、滞りなく式を執り行うことが出来ました。

 

また、このように大勢の方々にお見送りいただき、
さぞかし故人も喜んでいることと存じます。
(ここで少し思い出や人となりを話す場合が多い)

 

今後は家族で助けあい、
故人の分まで頑張って参りたいと考えております。

 

どうか皆様、今後とも変わらぬご厚情をいただきますようお願いいたします。

 

本日は本当にありがとうございました。

 

 

突然の葬儀でお困りの方へ

24時間365日いつでも問い合わせ可能。
費用の目安や最安値が一目で分かります。




 

>>>通夜・告別式で喪主がやること【供花の位置決めと弔電紹介】の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取