通夜・告別式で喪主がやること【会葬者への挨拶-通夜編】

通夜・告別式で喪主がやること【会葬者への挨拶-通夜編】

喪主が遺族を代表してやることの1つが、
「会葬者への挨拶」です。

 

昔は、通夜に参加される方々の大半は、
故人と近しい、または親しい関係の方でした。
ただし、現在では一般会葬者の方も多く、
様相が違ってきています。

 

 

とは言え、忙しい中、弔問にかけつけてくれた方々に、
故人に代わりお礼を述べることには変わりありません。

 

会葬者の方々に失礼がないように、
言葉の選び方には注意したいものです。

 

通夜挨拶の目的

・故人に代わりお礼を述べるため

 

喪主は、故人が生前に受けた温情を
故人に代わり、会葬者感謝の意を伝えます。

 

普段と違い冷静ではなく、緊張しているかもしれませんが、
大切なのは、心から感謝の意を伝えることです。

 

喪主の挨拶のポイント

・挨拶は3分以内に行う

 

挨拶は、長すぎても短すぎてもダメです。
最低1分程度。
長くても3分以内です。

 

 

すべて暗記する必要はありません。
当日は緊張していると思いますが、
紙を見ながら、ゆっくりと話すようにしましょう。

 

挨拶に含める4つの要素

・自己紹介(自分と故人との関係)
・弔問へのお礼(参列への感謝の気持ち)
・故人のエピソード(生前の人柄が分かるように)
・今後のこと(家族への力添えのお願い)

 

これらの要素を挨拶に含めます。
喪主の挨拶に、前置きはいりません。
簡潔に分かりやすくします。

 

 

喪主の挨拶の注意点

・忌み言葉を使わない

 

忌み言葉=不幸を連想させる言葉です。

 

喪主は、遺族の代表です。
最近はそこまで気にする人が減っているとはいえ、
マナーとして認識しておく必要があります。

 

 

忌み言葉の例:

重ねて・重ね重ね・ますます・しばしば
たびたび・またまた・いよいよ・
次々・続いて・引き続き
再び・再度・再三再四・繰り返す・返す返す

 

最も大切なのは、形式ばった言葉ではなく、
喪主の感謝の気持ちを伝えることです。

 

喪主の挨拶の例(お通夜終了時)

本日はお忙しいところ、〇〇の通夜にお運ぶくださいまして、
誠にありがとうございました。

 

皆様の温かいお志(こころざし)に、
亡き〇〇もさぞ喜んでいることでしょう。

 

また、存命中のご厚情に対しまして、
故人に代わりまして、厚く御礼申し上げます。

 

なお、葬儀・告別式は、明日△時より、
◇◇で執り行います。

 

本日は、本当にありがとうございました。

 

 

突然の葬儀でお困りの方へ

24時間365日いつでも問い合わせ可能。
費用の目安や最安値が一目で分かります。




 

>>>通夜・告別式で喪主がやること【会葬者への挨拶-告別式編】の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取