臨終後に喪主がやること【精進落としの手配】

臨終後に喪主がやること【精進落としの手配】

喪主は、法要に参加いただいた方々に対して、
料理やお酒をふるまいます。

 

これを「精進落とし」と言います。

 

 

喪主が精進落としでやること

1.精進落としの食べ物や飲み物を手配
2.一人一人にお礼の言葉を伝える

 

精進落としの食べ物や飲み物を手配

喪主が自由に決められるため、
仕出し弁当や寿司、懐石料理などを人数分用意します。

 

昔と違い、料理内容について細かい決まりは特にありません。
内容は自由に選べます

 

一人一人にお礼の言葉を伝える

喪主および親族は、参加いただいた一人一人に
お酌をしながら労をねぎらいます。

 

それと同時に参加いただいたお礼を伝えます。

 

精進落としの遍歴

昔は、親族の死後〜四十九日までは肉や魚を断ち、
精進料理を食べていた。
忌明け後、通常の料理に戻すきっかけが、
「精進落とし」の本来の意味。

           ↓

次第にかつての意味は薄れていく。
初七日法要の際に僧侶などをねぎらう宴席に変わる。

           ↓

現代では、火葬場から戻った際に、
親族やお世話になった方に酒食をふるまう宴席に変わる。

 

現在の精進落としの意味合いは、
故人の供養と、参列者へのお礼とお清めです

 

 

喪主は、前もって参列する親族の数を把握し、
料理とお酒を用意しておきます。
「通夜ぶるまい」と似ていますが、
参加する人や用意する料理などが異なります。

 

 

精進落としの注意点

・鯛や海老などのお祝いものは避ける
・喪主や遺族は末席に座る

 

細かい決まりがないとは言え、
お祝いの席で出される食材は避けましょう。

 

また、喪主や遺族は末席に座るのがマナーです。
忘れないようにしましょう。

 

精進落としの料理例

・煮物(筑前煮)
・季節の食材を使った料理(お浸し、酢の物)
・お吸い物
・揚げ物(フライや天ぷら)

 

また、精進落とし専用メニューがあったり、
依頼に合わせて作ってくれるお店もあります。

 

始まりのあいさつの例

本日は亡き〇〇のため、お心遣いいただき、
ありがとうございました。

 

通夜から本日まで、皆様には本当にお世話になりました。
お蔭様で、滞りなく葬儀・告別式を済ませることが出来ました。

 

故人も安らかに旅立っていったことと思います。
ささやかではありますが、精進落としの膳をご用意しました。

 

どうぞごゆっくりお過ごしください。

 

 

お開きのあいさつの例

本日は誠にありがとうございました。

 

まだ、ごゆっくりしていただきたいところですが、
お忙しい方を長く引き留めることは申し訳ございません。

 

この辺りでお開きとさせていただきます。
皆様、最期まで本当にありがとうございました。

 

 

突然の葬儀でお困りの方へ

24時間365日いつでも問い合わせ可能。
費用の目安や最安値が一目で分かります。




 

>>>通夜・告別式で喪主がやること【弔問客の対応】の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  


喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取