臨終後に喪主がやること【返礼品の手配】

臨終後に喪主がやること【返礼品の手配】

喪主のやることの1つが、”返礼品の手配”です。

 

返礼品には、2種類あります。

・会葬返礼品
・.香典返し

 

 

会葬返礼品

通夜や告別式の会葬のお礼として渡す品
会葬者全員にお渡します

 

香典返し

香典をいただいた人にお礼として渡す品
葬儀の会場でお渡しする場合と、
忌明け後に送る場合があります。

 

香典をいただいた方には、
会葬返礼品とは別に香典返しをお渡します

 

 

もともと返礼品は、通夜ぶるまいに出席しない
弔問客に渡すものでした。

 

現在は、告別式に参加する代わりに
通夜に出る人が増えています。

 

そのため、通夜・告別式共に同じ返礼品を
会葬礼状と一緒に会葬者全員に渡すことが多くなりました。

 

返礼品を手配する方法

一般的には、葬儀社に依頼します。
価格は、700〜1000円程度が多いです。

 

返礼品の一例

・タオル・ハンカチ類
・コーヒーや日本茶
・お酒
・海苔
・梅干し

会葬者全員に一律同じようなものをお渡しするため、
無難な物が多いです。

 

一種類だけではなく、3〜4種類用意して、
そこから選んでもらうケースもあります。
祖母の葬儀は、コーヒー、梅干し、日本茶でした。

 

返礼品の注文数の目安

故人が最近受け取った年賀状の枚数を目安とします。
また、予想される会葬者の人数よりも少し多めに頼みます

 

当然、余ることも想定されますので、
返品が可能な品を選ぶようにした方が良いです。

 

突然の葬儀でお困りの方へ

24時間365日いつでも問い合わせ可能。
費用の目安や最安値が一目で分かります。




 

>>>臨終後に喪主がやること【通夜ぶるまいの手配】の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取