臨終後に喪主がやること【遺影写真を選ぶ】

臨終後に喪主がやること【遺影写真を選ぶ】

「遺影写真」はとても重要です。
生前から用意しているなら問題ないですが、
臨終後に探す場合は、時間がありません。

 

 

通常は、翌日に通夜を行うため、
実質時間は1日もありません。

 

喪主がやることは、限られた時間内に、
故人らしい写真を選ぶことです。

 

遺影写真を選ぶ時のポイント

・ピントが合っているものを選ぶ
・出来るだけ大きく写っている

 

写真は引き伸ばすほど、ぼやけてきます。
いくら原本がハッキリ写っていても、
パスポートや免許証サイズの写真だと厳しいです。
拡大した時に、ぼやけます。

 

 

最低限上記の条件を満たした写真を
用意する必要があります。

 

最近の遺影写真の傾向

・故人の人柄が表れている
・普段着の姿

 

近頃は、遺族から見て”故人らしい写真”を
選ぶ傾向にあります
実際に、葬儀の際に一番印象に残るのは、
遺影写真です。

 

 

また、服装は普段着であることも
最近の遺影写真の傾向だと言えます。
昔は、無理やり黒の和服姿に合成していましたが、
最近では少数です。

 

遺影写真の背景は修正可能

・着衣
・一緒に写り込んでいる人や物
・背景
・画面の明暗

 

これらは、後から修正可能です。
そのため、背景に人や物が写っていても
あまり気にする必要がありません。

 

 

遺影写真は葬儀の後も使用する

 

遺影写真は葬儀だけに使用するわけではありません。
むしろ”葬儀”以降に使用することの方が、
圧倒的に多いです。

 

例えば、

・法要に使う写真
・仏壇の側に置く写真

 

これらの機会にも遺影写真を使用します。
特に仏壇の側にある写真を見るたびに、
故人を偲ばせます。
その写真を見るたびに思い出がよみがえります。

 

 

”故人の人柄を表す写真”を選ぶことは、
とても重要だと言えます

 

突然の葬儀でお困りの方へ

24時間365日いつでも問い合わせ可能。
費用の目安や最安値が一目で分かります。




 

>>>臨終後に喪主がやること【返礼品の手配】の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取