臨終に家族、親しい親族に死亡の連絡をする

まだ葬儀社が決まっていない方へ

葬儀は失敗が許されません。
短時間で良い葬儀社を探す方法を紹介します。


わずか1分で最寄りの葬儀社を見つける方法

4.死亡の連絡をする

臨終後に故人と関係の深かった人達に死亡通知を行います。
通知先は関係の深さで3種類に分かれます

 

通夜・告別式が決定する前に知らせる

1.家族・親族(第三親等まで)

通夜や葬儀の日程が決まっていなくても、
今すぐに来てもらいたい家族や親族に連絡をします。
緊急のため深夜や早朝でも失礼にあたりません。

 

 

 

2.親しい友人や知人

特に親しかった人へは遺族から連絡します。
その他の友人や知人へは、その人から伝えてもらえばよいです。
 

通夜・告別式が決定してから知らせる

3.勤務先や学校、葬儀でお世話になる故人の所属団体

直属の上司や、担任の先生に連絡します。
通夜・告別式の日程が決まってから連絡します。

 

 

 

死亡通知の方法

電話で連絡するのが一般的です
ただし、現在はメールやLINEでのやり取りが増えています。

 

相手の年齢(スマホを普段から利用しているなど)に合わせて、
早く確実に正確な情報を発信できる方法を選択します

 

 

なお、葬儀場の場所を知らせる場合は、
メールやFAXを使った方が相手も理解しやすいです。

 

電話の場合、こちらが間違えて伝えたり、
相手が聞きそびれる可能性があります。

 

文字なら、その点問題ありせん!

 

死亡連絡をする時に伝えるポイント

・喪主の名前
・故人の名前
・死亡した日時や場所
・連絡先(自分または責任者の電話番号)
・通夜と告別式の日時、場所、連絡先

 

簡潔に亡くなったことのみを伝えます。
この時点で葬儀の日時が決まっていない場合は、
「決まり次第連絡します」と伝えれば良いです。

 

電話で死亡連絡をする(両親が死亡した場合)

〇〇の息子の〇〇です。夜分に申し訳ありません。
突然で驚かれるとは思いますが、
母が老衰のため〇月〇日〇時に亡くなりました。

 

通夜は〇月〇日〇時より、告別式は〇日〇時より、
〇〇斎場にて執り行います。

 

お手数ですが、親しくしてくださったお仲間にも
ご連絡くださいますでしょうか。

 

冷静にとはいきませんが、
確実にポイントを伝えるようにしましょう。

 

突然の葬儀でお困りの方へ

24時間365日いつでも問い合わせ可能。
費用の目安や最安値が一目で分かります。




 

>>>5.医師から死亡診断書を受け取るの記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取