臨終後に喪主がやること【訃報・葬儀日時の連絡する】

臨終後に喪主がやること【参列者に葬儀日程を連絡する】

葬儀日程が決定したら
すぐに関係者に連絡しましょう。

 

喪主がやることは、
早く正確に葬儀日程を関係者に伝えることです。

 

 

この際、すでに訃報(死亡)を知らせた方にも
連絡するのを忘れないようにしましょう。

 

参列者に葬儀日程を連絡する方法

1.電話
2.FAX
3.メールやLINE

 

電話で伝えるケース

特に故人と縁の深かった方には、
電話でお伝えするようにします。

 

通知漏れを防ぐ方法として、
最初に故人と縁の深かった方へ連絡します。
その後、その方から関係する方々へ伝達してもらいます

 

FAXで伝えるケース

自治会や会社関連など、体裁を整えた方が良い場合、
A4紙に箇条書きにしてFAXするのが良いでしょう
文字で伝達するため、間違えがありません。

 

メールやLINEで伝えるケース

「全員に一斉に連絡できる」という意味では、
Bccのメール連絡が最も効率的です。
文字の場合、後で日時や場所を見直せます。

 

また、親しい間柄では、LINEグループで連絡すれば、
すぐに情報を共有することが出来ます。

 

メールやLINEで伝える場合の注意点

相手が必ず見れるという保証がない

 

携帯に不具合があったり、
仕事が忙しいなどの理由で見れない可能性があります。

 

相手が認識しているかどうかを確認するために、
電話でも伝えるようにしましょう。

 

葬儀日程を連絡する時に記載すること

必要な内容だけ記載します(挨拶は除きます)
ほとんどの場合、葬儀社が書面を用意します。

 

葬儀日程の記載例

・故人の名前
・喪主の名前
・死亡した日時
・通夜、葬儀、告別式の日時と場所(地図)
・葬儀の形式
・連絡者の名前
・香典などを辞退するときはその旨を明記

 

なお、葬儀の連絡には2つの段階があります。

・葬儀前に連絡する
・葬儀後に連絡する

 

葬儀前に通知する=「相手に参列してほしい」
という意味があります。
葬儀に参列してほしい方には、連絡するようにします。

 

 

逆に、葬儀後に連絡する場合は、
「参加してほしくない」という意志表示です

 

 

ただし、実際に葬儀前に受け取った場合でも、
葬儀に参加するしないは、その方の自由です。

 

突然の葬儀でお困りの方へ

24時間365日いつでも問い合わせ可能。
費用の目安や最安値が一目で分かります。




 

>>>臨終後に喪主がやること【遺影写真を選ぶ】の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取