臨終後に喪主がやること【葬儀会社を選ぶ】

臨終後に喪主がやること【葬儀会社を選ぶ】

喪主のやることの一つが、葬儀会社を選ぶことです。
葬儀までの時間は限られており、
実質1〜2日以内に葬儀会社を選びます。

 

ただし、喪主として葬儀を行った方や
複数の葬儀会社を使った経験のある方は少数です。

 

 

どの葬儀会社を使うにしても、求めることは一緒です。
多くの方が葬儀社に求めるのは以下ではないでしょうか。

 

葬儀会社に求める条件

・葬儀費用が安い
・遺族が望んだ葬儀を行ってくれる

この条件を満たす葬儀社の探し方が分かれば、
失敗するリスクを減らすことが出来ます

 

短時間で複数の葬儀会社を探す方法

・インターネットを使い葬儀会社を探す

 

HPを持たない葬儀会社は少数だと思いますので、
この方法で、お住まいの地域は網羅出来ます。

 

ただ、地域によっては10社以上出てくるため、
1件1件HPを見て、内容を確認するのは根気がいります。
時間も体力・精神的な余裕もありません。

 

 

そんな場合、以下の方法があります。

短時間で希望に合う葬儀会社を見つける方法

・葬儀社一括見積サイトを利用する

 

このサイトを利用することで、
一度の依頼で複数社から見積もりを入手できます

 

葬儀社一括見積りサイトとは?

依頼者と葬儀社を繋ぐ仲介業者です。
利用する上での注意点は、
仲介手数料が発生することです(葬儀費用に上乗せ)

 

葬儀社一括見積サービスのイメージ

 

 

依頼する時は、以下の情報を入力します。

・連絡方法(電話かメール)
・依頼者情報(名前と連絡先)
・葬儀を行う地域
・その他要望

 

どんなシステムにも良い点と悪い点があります。

 

葬儀社一括サイトを利用するメリット

・一度に複数の葬儀社の見積りが取れる
・短時間に複数の葬儀社を比較・検討できる
・24時間・365日対応している

 

葬儀社一括サイトを利用するデメリット

・仲介手数料が葬儀費用に上乗せされる
・紹介された葬儀社が優良ではない可能性がある

 

 

この方法を使えば、
葬儀会社候補を絞ることが可能です。

 

ここからさらに最終的に利用する葬儀社を選びます。
ポイントは、3社に絞り比較することです。

 

 

同じ条件で葬儀をした場合の費用を出してもらい、
それぞれ1時間ずつ実際に打ち合わせを行います。
場所は家でも、近所のファミレスでもかまいません。

 

 

そして、当初設定した条件を満たす葬儀社を選択します。

 

突然の葬儀でお困りの方へ

24時間365日いつでも問い合わせ可能。
費用の目安や最安値が一目で分かります。




 

>>>臨終後に喪主がやること【葬儀予算や内容を決める】の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取