緊急で葬儀が必要な場合はどうすればよい?

緊急で葬儀が必要な場合はどうすればよい?

「どこで最期を迎えたか」にもよりますが、
大きく分けて2つのパターンがあります。

 

臨終を迎える2つのケース

1:病院で臨終を迎える

 

 

 

2:病院以外(自宅や施設など)で臨終を迎える

 

 

順を追って説明していきますが、
今すぐ葬儀社を探す必要がある人はココをクリック

 

 

親族に連絡する

どちらのケースにも共通しますが、
まずは親族に連絡をします。
緊急で連絡するのは、第三親等までです。

 

第三親等は、以下の表を参照してみてください。

 

第三親等表

 

また故人と特に親しかった友人知人にも連絡します。

 

詳しくは「4.死亡の連絡をする」に書いています。
興味のある方はご参照ください。

 

 

葬儀社に連絡する

すでに決まった葬儀社がいれば、そこに連絡します。
ただ、大半の人がこれから探し始めます

 

 

突然のことでパニック気味の親族に対して、
病院から、葬儀社を紹介されることもあります。

 

ただし、これには注意があります。

病院紹介の葬儀社の注意点

・病院へのリベートが含まれるため高い
・満足する内容かどうかを比較検討出来ない

病院から紹介される葬儀社がすべて高いとは言いません。

 

ただし、価格の妥当性も分からず、
内容を比較しないまま進めるのはリスクです。

 

 

自分たちが納得して決めた気がしないため、
後悔する可能性がものすごく高いです。

 

それではどうすればよいのか?

 

緊急で葬儀社を探す方法

・複数葬儀社の一括見積りの利用
・全国定額プランの葬儀社の利用

どちらを選ぶにしても、
インターネットを使い葬儀社を探します。

 

残された時間、体力、精神力を考えると、
ネットで探すのが最も効率が良いです。

 

・葬儀社一括見積りの例「葬儀レビ」

 

・全国定額プランの例「シンプルなお葬式」

 

どちらともにメリット・デメリットがあります。

 

詳しくは「インターネットで葬儀社を探す」に書いています。
興味のある方はご参照ください。

 

 

多くの方が後悔する点は、
”自分が納得した内容や金額じゃない気がする”です。

 

 

どの葬儀社を使うにしても、必ず比較しましょう。
比較する事で、”理解”が高まります。
結果、希望に近い葬儀社を見つけることが出来ます。

 

 

時間が限られているため、ベストではありませんが、
ベターな葬儀社を見つけることが出来ます

 

突然の葬儀でお困りの方へ

24時間365日いつでも問い合わせ可能。
費用の目安や最安値が一目で分かります。




 

>>>喪主の優先順位は?の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取