遺言で指定した喪主に法的効力はあるのか?

遺言で指定した喪主に法的効力はあるのか?

結論から言うと、法的効力はありません

 

喪主は相続人同士で決めるのが原則であり、
慣習的に妻や長男が務める場合が多いです。

 

遺言で喪主に指定された場合、拒否できるのか?

喪主をしたくない場合、拒否出来ます
「誰が喪主を務めるべきか?」を
定めた法律は存在しません。

 

民法第897条(祭祀供用物の承継)は、
仏壇等の祭祀用財産の承継を定めているだけです。

 

 

喪主で問題になる例

1.身内がいない方
2.身内はいるが絶縁状態の方
(頼んでも喪主を受けてくれない)
3.内縁の妻・夫がいる方

 

身内がいない方

喪主になってくれる方がいないため、
市や県が葬儀を(火葬・埋葬)行うことになります。

 

 

親しい友人・知人がいる場合は話は別です。
遺言でその方々を喪主に指定すれば、
葬儀・埋葬等を執り行ってもらうことが可能です。

 

 

身内はいるが絶縁状態の方

依頼しても拒否される場合は、
家族以外の人を遺言で指定することが可能です。

 

親しくしている友人や知人など、
家族に代わり葬儀や埋葬等を執り行います

 

 

内縁の妻・夫がいる方

故人が内縁関係者を指定した場合、
内縁者VS親族で激しい争いが展開されます。

 

 

ここでポイントとなるのが、
内縁者が夫婦同然の実態があるかどうかです。

 

内縁関係のポイント

・何年くらい一緒に暮らしているのか?
・住民票は同じか?
・生計を一つにしているか?
・親族の行事に夫婦として参加しているか?

などです。

 

周囲から”夫婦と認められる状況があるか”
総合的に考慮して判断します。

 

 

遺言には法的拘束力はありませんが、
多くは、内縁の妻や夫が喪主を務めています

 

80歳前後で亡くなられた場合、
内縁関係が十数年〜数十年であることが大半です。

 

 

>>>死産した子を火葬後にどのように供養する?の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取