葬儀前に喪主がやることは何?

葬儀前に喪主がやることは何?

喪主は遺族の代表であり、葬儀の主催者です。
いわば「幹事」です。

 

ただ、具体的に「喪主は何をするのか?」
を知っている人は少ないです。

 

 

いつかは遭遇する親や親しい人の死。
悲しいですが、これは避けられません。

 

いざ喪主をすることになった時に備えて、
今回は臨終直後に喪主がやることについて紹介します。

 

 

1.遺体の搬送先を決める

病院や施設で臨終を迎える方が大半のため、
「遺体をどこに安置するのか?」を決める必要があります。

 

病院に安置出来るのは2時間程度。
施設もそれほど長く安置することが出来ません。

 

 

2.葬儀社に連絡する

すでに決まっている場合は、その葬儀社に。
まだの場合は「一括見積サイト」などを利用し探します。

 

この時点で決まっていない場合は、
病院紹介の葬儀社を利用し遺体を搬送すれば良いです。

 

理由は「2.葬儀社に連絡する」の記事に書いています。
興味のある方は参照してみてください。

 

 

3.葬儀の予算を決める

家族のみ。親族のみ。親しい人のみ。
どの範囲の人までを葬儀に呼ぶのか?で費用は変わってきます。

 

一般的に会葬者が少ないほど費用は安くすみます。
また、葬儀形式(宗教/無宗教)も決める必要があります。

 

 

4.葬儀場所を決める

「どこで葬儀を行うのか?」を決めます。
候補として、以下が挙げられます。

・葬祭場
・寺院
・自宅

 

住宅環境の変化もあり、
(マンションや核家族化して家が狭い)
葬祭場で葬式を行う人が多いです。

 

 

5.死亡の連絡をする

家族や親族、故人と親しかった友人、知人などをはじめ、
関係団体、勤務先に連絡します。

 

 

6.遺影の準備

故人らしい写真を選びます。
背景や服装や色は加工出来ます。
多少横を向いていても問題ありません。

 

その後

人によっては菩提寺があるため、
「住職との段取り」が必要になります

 

私の家は菩提寺がないため、
住職との段取りはありませんでした。

 

 

>>>葬儀(訃報)を知らせる方法は?の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取