遺体を自家用車で搬送するのは法律違反?

遺体を自家用車で搬送するのは法律違反?

結論から言うと「遺体を自家用車で搬送する」のは、
法律違反ではありません。
ただし、確実に運ぶためにはいつくか条件があります。

 

思いがけずトラブルになるリスクがありますので、
準備してから搬送するようにしましょう。

遺体を自家用車で搬送する場合の条件は?

死亡診断書を受け取る

医師から「死亡診断書」を発行してもらいます。
(厳密にはなくても搬送できます)

 

無い場合検問などで警察に止められた時に、
説明するのが困難です。

 

 

死亡診断書は死亡届とセットになっており、
役場に提出する際に必要になります。
提出しないと火葬許可証がもらえません。

 

詳しくは「5.医師から死亡診断書を受け取る」に書いています。
興味のある方はご参照ください。

 

 

棺が入るくらいの大きさの車が必要

もしも座った状態で搬送した場合、
死後硬直が始まってしまい、真っすぐになりません。
そのため、真っすぐの状態で搬送する必要があります。

 

 

また、搬送は遺体を傷つけますので、
必ず棺に入れて搬送します。
(棺に入れても多少ダメージは受けます)

 

遺体を搬送可能なサイズの車

高さ45p×幅55p×長さ210pの棺が入る車

例:トヨタのアルファードやマツダのビアンテなど。

 

 

 

もしも自家用車がワンボックスカーでない場合は、
葬儀社にお願いすることになります。

 

 

「故人が愛した車で自宅まで送ってあげたい」
という方も中にはいます。
可能であるならば、そうしてあげるのも良いと思います。

 

 

私の個人的な見解を言うと、
費用はかかりますが、葬儀社にお願いした方が良いです。

 

自分たちで運ぶのはリスクがあります。
冷静を保とうとしても、やはり動揺は隠せません。

 

 

>>>葬儀前に喪主がやることは何?の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取