弔問客を迎える服装は!?

弔問客を迎える時の服装は?

今回は、故人と親しくしていた人が
自宅を訪問してきた場合の服装について紹介します。

 

悲しみに暮れているとはいえ、
一定の服装ルールが存在します。

 

「弔問客よりも格上の服装でなければならない」
という暗黙の決まりです。

 

 

訪問のタイミングは、大きく分けて3パターンです。

弔問客を迎える3パターン

1.通夜以前に自宅で弔問客を迎える場合
2.通夜・告別式で弔問客を迎える場合
3.通夜・告別式後に弔問客を迎える場合

 

通夜以前に自宅で弔問客を迎える場合

男女別服装の例

男性 ダークスーツに黒系のネクタイ
女性

地味な着物に黒系の帯、
地味な色やデザインのワンピースかツーピース

 

悲しみの中とはいえ、
「普段着」で弔問客を迎えるのは礼儀に反します

 

心に余裕はないかもしれませんが、
髪の乱れや服装を整えて弔問を受けましょう。

 

 

 

通夜・告別式で弔問客を迎える場合

男女別服装の例

喪主(夫) 略礼服のブラックスーツに黒いネクタイ
配偶者(妻)

和装なら黒喪服
洋装なら黒ドレス

子供

制服がある場合は制服。
ない場合は黒やグレーの地味な服

 

身内や親しい人達で夜を通して故人を偲んでいた時代は、
普段の格好でも問題ありませんでした。

 

近頃のように通夜が儀式化するに従い、
喪主・親族の服装も葬儀に準じるようになっています

 

通夜・告別式後に弔問客を迎える場合

男女別服装の例

男性 地味な色やデザインのスーツ(略礼服のような)
女性 地味な色やデザインのワンピースかツーピース

 

葬儀は突然行われます。
やむを得ない事情で、後日弔問に来てくださる方もいます。

 

葬儀や告別式ほど厳格な服装は求められませんが、
身だしなみを整え、弔問客を迎えましょう。

 

突然の葬儀でお困りの方へ

24時間365日いつでも問い合わせ可能。
費用の目安や最安値が一目で分かります。




 

>>>遺体を自家用車で搬送するのは法律違反?の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取