臨終、死亡後に葬儀社に連絡する

まだ葬儀社が決まっていない方へ

葬儀は失敗が許されません。
短時間で良い葬儀社を探す方法を紹介します。


わずか1分で最寄りの葬儀社を見つける方法

2.葬儀社に連絡する

臨終後、一旦は霊安室に故人を運びます。

 

そこに滞在出来るのは数時間程度のため、
早々に遺体を搬送する必要があります。

 

 
この「遺体の搬送」から葬儀社への依頼が始まります。

 

まだ葬儀社が決まっていない場合

この時点で葬儀社が決まっていない方も多いと思いますので、
以下の方法から選択します。

・病院が紹介する葬儀社を利用する
・今すぐインターネットで葬儀社を探す

 

それぞれメリット、デメリットがあります。

 

病院が紹介する葬儀社を使う場合
メリット 今すぐ遺体の搬送をお願い出来る
デメリット 料金が割高である可能性が高い

病院への紹介手数料が葬儀代に含まれている可能性有り

 

インターネットで葬儀社を探す場合
メリット

複数葬儀社を比較して納得のいく金額で葬儀が出来る
定額の葬儀社を利用した場合、費用を抑えられる

デメリット

時間内に決定するのが難しい(時間が足りない)
比較するのに一定の時間が必要。

 

どちらも善し悪しがあります。
ではどうすればよいのか?

 

おすすめは、以下の方法です。

搬送だけは病院紹介の葬儀社を利用する

搬送費用はかかりますが、今すぐ遺体を運ぶためです。
目安は、10q以内で約12,000〜20,000円です。
 

 

複数の葬儀社を比較して決めた方が、
価格的にもサービス内容的にも満足度が高いです。

 

搬送をお願いした葬儀社への対応

見積書にサインを要求してくる業者もいると思います。
そのため搬送をお願いする際に、
「搬送だけお願いします」とハッキリと伝えます

 

 

自宅に搬送した後に、改めて葬儀社を探せばよいです。
搬送をお願いした葬儀社で通夜・告別式をする必要はありません。

 

突然の葬儀でお困りの方へ

24時間365日いつでも問い合わせ可能。
費用の目安や最安値が一目で分かります。




 

>>>3.遺体の安置場所を決めるの記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取