葬儀費用の相場はいくら?

葬儀費用の相場はいくら?

葬儀費用は、以下条件により大きく変わります。

・お住まいの地域
・葬儀内容や規模
・故人の社会的地位
・遺族の経済状況

基本的に会葬者が多ければ多いほど、
葬儀費用は高くなります。

 

 

目安として、全国平均葬儀費用は約189万円です。
<参考:2014年1月に日本消費者協会の発表による>

 

あくまで目安です。
実際の料金は、冒頭で紹介した条件によって異なります。

 

 
不必要に高い葬儀をしない(葬儀社に騙されない)ためにも
葬儀費用の中身について理解する必要があります。

葬儀費用を構成する3つの要素

・葬儀一式費用
・寺院費用
・飲食接待費用

 

葬儀費用を抑える2つのコツ

規模を抑える

どこまでの範囲の方を会葬者として呼ぶか?が関係しています。

 

葬儀に呼ぶ人の範囲

1.家族や親族のみで葬儀を行う
2.一般の方(友人、知人、会社関係など)も呼び葬儀を行う

そして、規模が変わることで主に以下の費用が変わります。

 

会葬者が増えることで変わる費用

・飲食代(通夜〜告別式にかけて)
・お返し物(参加人数×単価です)

 

 

3社から相見積りを取る

1社ではなく、3社から相見積りを取るようにします。

 

3社から見積もりを取る理由

・適正価格かどうかを比較する
・限られた時間と情報の中から良い物を選ぶ
(葬儀直前の限られたタイミングで葬儀社を選ぶ前提です)

 

見積りを取る時のポイント

・同条件(人数、内容など)で見積りを依頼する
・実際に会ってそれぞれの違いを葬儀社から説明してもらう

葬儀社によってプランが異なります。
同じような葬儀内容でも安い高いがあります。

 

彼らの口から「どう違うのか?なぜ違うのか?」
を説明してもらいます。

 

 

詳しくは「葬儀社を3社に絞り比較する」に書いています。
興味のある方は参照してみてください。

 

 

>>>死亡後24時間以内に火葬してはいけない理由は?の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取