葬儀・告別式の流れと喪主がすること

まだ葬儀社が決まっていない方へ

葬儀は失敗が許されません。
短時間で良い葬儀社を探す方法を紹介します。


わずか1分で最寄りの葬儀社を見つける方法

葬儀・告別式を行う【葬儀・告別式の流れと喪主がやること】

近頃は葬儀と告別式を一緒に行う傾向にありますが、
厳密に言うと、両者は異なります。

 

葬儀とは?

遺族が故人の死を悼み神仏に祈る宗教儀式です。
故人または喪家の信仰する宗教、宗旨宗派に則り執り行います。

 

告別式とは?

故人と親交のあった人が最期のお別れをする社会的な儀礼です

 

 

葬儀・告別式の流れ

1.遺族・参列者の入場

2.僧侶の入場
3.開式の辞
4.僧侶の読経・引導
5.弔事の朗読・弔電の紹介
6.僧侶の読経
7.遺族・近親者の焼香
8.会葬者の焼香
9.僧侶の退場
10.喪主のあいさつ
11.閉式の辞

 

葬儀・告別式で喪主がやること

1.葬儀の準備を行う

世話役や葬儀社と式進行について打ち合わせをします。

 

 

2.火葬場に向かう人と精進落としに参加する人の確認

バスのサイズや料理の手配に間違いがないように、
以下は必ず確認しましょう。

 

確認のポイント

・火葬場まで行く人
・火葬後の食事「精進落とし」に参加する人

 

 

3.葬儀の挨拶内容を考える

閉式前にする挨拶内容を考えます。

 

 

4.弔電の確認・整理

送信者の氏名、役職、読む数、順番を確認します。
弔電が多い場合は、名前だけを紹介します。

 

 

5.受付の準備をする

葬儀・告別式が始まる30分前には、
弔問客に応対しながら香典を受け取ります。
会葬御礼の礼状・返礼品を渡す。

 

 

6.僧侶に挨拶する

控室に案内した後、世話役代表と一緒に挨拶をする。
式の内容についても確認する。

 

 

7.来賓に対応する

故人と特別親しかった人や上司、先輩、恩師などに、
失礼のないように丁寧に挨拶をします。

 

 

8.葬儀・告別式の挨拶をする

参列者に対して故人に代わってお礼を述べます。
挨拶の内容は主に3つです。

 

喪主の挨拶のポイント

・会葬のお礼
・故人への厚情のお礼
・今後のお付き合いのお願い

 

喪主の挨拶

本日はお忙しいところ、父〇〇の葬儀並びに告別式に
ご会葬くだいまして、誠にありがとうございました。

 

お蔭様で、滞りなく式を執り行うことができました。
また、このように大勢の方々にお見送りいただき、
さぞかし故人も喜んでいることと存じます。

 

残された私どもは未熟者ではございますが、
今後とも故人同様、ご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
本日は、ありがとうございました。

 

最期の挨拶は、感極まって言葉が詰まるかもしれません。
でも、それでも良いんです。
流暢に話す必要はまったくありません。

 

 

>>>葬儀費用の相場はいくら?の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取