通夜の流れと喪主がやること

まだ葬儀社が決まっていない方へ

葬儀は失敗が許されません。
短時間で良い葬儀社を探す方法を紹介します。


わずか1分で最寄りの葬儀社を見つける方法

通夜を行う【通夜の流れと喪主がやること】

遺族は、通夜が始まる1時間〜1時間半前までには
式場に到着するようにします。

 

 

かつては、夜を徹して故人に付き添いました。
(だから「お通夜」と言います)
現在は、2時間程度で終了するのが一般的です。

通夜の流れ(仏式の一般葬)

1.参列者(弔問)の受付開始
2.僧侶を式場に案内する
3.葬儀社と段取り打ち合わせ
4.遺族・会葬者が着席する
5.僧侶が入場する
6.僧侶の読経
7.遺族の焼香
8.参列者の焼香
9.僧侶の退場
10.通夜終了

 

喪主が通夜にやること

1. お通夜の役割分担を決める

葬儀社が手伝ってくれることが多いですが、
それぞれ受付係、接待係、駐車場係を決定します。
香典帳と現金の整理方法についても確認します。

 

 

2.供花、供物の確認

供花を祭壇に配置する場合は、
頂いた方に失礼のないように順番を決めて配置します。

 

 

 

3.席次の確認

葬儀での席次(遺族席、一般席、来賓席)を確認します。

 

 

4.礼状・返礼品の確認

礼状、返礼品の内容や数量に間違いがないかを確認します。

 

 

5.弔問を受ける

喪主の一番の仕事です
どの弔問客にも平等に応対します。

 

お悔やみの言葉をかけられた場合は、短い言葉で返答すれば良いです。
例:「お忙しい中お運びいただきまして、恐れ入ります」

 

 

6.目礼で返礼

会葬者が焼香する時に遺族に向かって一礼しますので、
その時に目礼で返礼します。

 

すべての会葬者が焼香を終えると、僧侶が退席します。
その時も丁寧に頭を下げます
会葬者が退席する場合は、軽く黙礼する程度でかまいません。

 

喪主の挨拶

忙しい中、弔問に駆け付けてくれた会葬者の方々に
故人に代わってお礼の言葉を述べます。

 

挨拶の例

本日はご多忙のところ、父〇〇の通夜にお運びくださいまして、
誠にありがとうございました。

 

皆様の温かいお志に、亡き父もさぞ喜んでいることでしょう。
また、生前のご厚情に対しまして、故人に代わりまして、
厚くお礼申し上げます。

 

なお、葬儀・告別式は、明日〇時より当会館前で執り行います。
本日は本当にありがとうございました。

 

 

>>>葬儀・告別式を行う【葬儀・告別式の流れと喪主がやること】の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取