死亡診断書と死亡届

まだ葬儀社が決まっていない方へ

葬儀は失敗が許されません。
短時間で良い葬儀社を探す方法を紹介します。


わずか1分で最寄りの葬儀社を見つける方法

死亡診断者と死亡届

火葬(または土葬)するためには、
死亡届を役所に提出する必要があります。

火葬許可証発行までの流れ

1.医師から死亡診断書を発行してもらう
         ↓
2.死亡届に必要事項を記入し、署名押印する
         ↓
3.死亡届と死亡診断書を、市区町村の役所に提出する
         ↓
4.火葬(または埋葬)許可証を受け取る

死亡届を提出の流れ

いつまでに死亡届を提出する必要がある?

死亡を知った日から7日以内に役所に提出します
届け出る場所は、死亡地、本籍地、届出人の住所です。

 

死亡届を提出できる人

戸籍法第87条には以下のように記載されています。

・同居の親族
・その他の同居者
・家主、地主又は家屋若しくは土地の管理人
・同居の親族以外の親族、後見人、保佐人、補助人及び任意後見人

実際には、葬儀社が代行するケースが多いです。

 

死亡届に記載する内容

・故人の氏名
・生年月日
・死亡日時
・死亡場所
・住所
・本籍
・故人の配偶者について(内縁は含まれません)
・世帯の就業形態(企業務め等)
・故人の職業・産業
・その他
・届出人の住所、本籍地、署名、捺印

 

死亡診断書写しが必要になる手続き

死亡診断書は様々な手続きに必要になるため、
複数枚コピーを取っておきます。

 

公的年金(共済年金、厚生年金、国民年金)
医療保険(健康保険組合、協会けんぽ、国民健康保険)
労災保険
雇用保険
生命保険
損害保険(自動車保険や傷害保険の死亡事故の請求)
携帯電話(死亡による解約)

 

 

>>>葬儀の打ち合わせ【葬儀形式、葬儀規模、葬儀費用】の記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取