臨終、死亡後に喪主を決める

まだ葬儀社が決まっていない方へ

葬儀は失敗が許されません。
短時間で良い葬儀社を探す方法を紹介します。


わずか1分で最寄りの葬儀社を見つける方法

1.喪主を決める

まず遺族の中から“喪主”を決めます

喪主とは?

遺族の代表者であり葬儀を執り仕切ります。
主な役割は故人に代わり弔問を受けることです。
通常、故人と最も縁の深い人が務めます。

 

喪主を決める方法は、いくつかあります。

 

喪主の決め方(上から優先順位が高い)

故人の遺言に従う

故人が遺言で指定している場合は、それに従います。

 

 

 

慣習から決める

一般的には以下の優先順位で決定します。

1.故人の配偶者
2.長男(直系)
3.次男以降直系の男子
4.長女(直系)
5.長女以降直系の女子
6.故人の両親
7.故人の兄弟姉妹

 

喪主が未成年の場合

親族の1人が後見人として葬儀を執り行います。

 

配偶者や血縁者がいない場合

親しい友人や知人などが喪主を務めます。

 

親しい友人や知人もいない場合

葬儀社が喪主を代行します。

 

 

葬儀に参列したことはあると思いますが、
喪主として葬儀を経験している人は少ないです。

 

具体的に喪主は何をするのか?というと、

喪主の役割(やること)

弔問を受ける

故人に代わって弔問客や会葬者の対応を行います。
これが最も重要な仕事です。

 

 

葬儀内容を決める

最初に遺体の搬送と安置をお願いします。
その後、葬儀形式や内容を話し合います。

 

葬儀社を選ぶ場合のポイント

・故人の望む葬儀をあげてくれる
・予算の範囲内で対応してくる

主にはこれらが選ぶ際のポイントになります。

 

 

家族や親族に死亡通知をする

始めに家族や親族に故人が亡くなったことを知らせます。

 

続いて、生前故人と親しくしていた友人、知人、
勤務先や関係団体にも知らせます。

 

突然の葬儀でお困りの方へ

24時間365日いつでも問い合わせ可能。
費用の目安や最安値が一目で分かります。




 

>>>2.葬儀社に連絡するの記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取