臨終、死亡直後から葬儀までにすること

まだ葬儀社が決まっていない方へ

葬儀社は複数比較しましょう

葬儀は失敗が許されません。
短時間で良い葬儀社を探す方法を紹介します。


10分で複数葬儀社から一括見積り可能

臨終(死亡)直後、家族は何をすれば良いの!?

身内が亡くなった時の心の準備は出来ていますか?

 

 
医師から”持って1週間”と聞いていたので、
覚悟はしていました。

 

 

ずっと頑張ってきた祖母に対して、
これ以上「頑張れ」とは言えませんでした。
いつかは臨終を迎えると分かっていましたが、
極力考えないようにしていました。

 

 

 

ショックを受け家族は呆然としていました。
看護師は淡々と次の準備を進めます。
時間は限られています。

 

 

・・・・
少し深呼吸をしましょう。
あなたが今からやるべきことは、この5つです。

 

今すぐやるべき5つの事

クリックすると関連記事に進みます。

 

 

覚悟していたつもりでも、
いざその時が来ると冷静ではいられません。
みんな同じです。
だから、まずは深呼吸!

 

 

遺族には酷ですが、
臨終早々に病院で大きな決断を迫られます。

 

それは、

病院から葬儀社を紹介される

通常、医師から臨終を告げられた後、
遺体を一旦霊安室に移動させます。
 

 

「葬儀社はお決まりでしょうか?」

 

ショックを受けている家族に対して、
病院からこうした質問をされることがあります。

 

まだの場合は、正直に「決まっていないこと」を伝えます。

 

病院から遺体を搬送する時のポイント

・病院指定の業者を使い、自宅や民間の安置施設に搬送する

 

病院に滞在出来る時間は2時間程度です。
こんな短時間で葬儀社を決定するのは困難です。
一度遺体を安置してから、改めて葬儀社を探します

 

葬儀社を選ぶ時に重視すること

・複数葬儀社を比較してから決める
・葬儀内容、費用に満足してから決める

 

病院が紹介するから”良い葬儀社”とは限りません。

 

比較せずに葬儀社を決定した場合、
失敗する確率がものすごく高いです。

 

 

残された家族が納得できる葬儀社を探す必要があります。
ただし、残された時間は限られています。

 

 

こんな時に良い方法は?

短時間で良い葬儀社を探す方法

クリックすると関連記事に進みます。

 

家族の体力、精神力、残された時間を考慮した場合、
上記の方法で探すのが良いです。
ベストではありませんが、ベターな方法です。

 

 

葬儀はやり直しがききません。
”運が良ければ上手くいく”
というギャンブルで行うものではありません。

 

それに葬儀は高いため、
しっかりと価格と内容を検討したうえで行います。

 

 

>>>1.喪主を決めるの記事に進む

 

>>>緊急!今すぐ葬儀!臨終、死亡直後にやるべき5つのことのトップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

喪主の決定 葬儀社に連絡 遺体の安置場所 死亡の連絡 死亡診断書の受取